kobarutoyouhenの赤城山での陶芸日記

赤城山で陶芸活動してます

静かになったら薪をくべる

f:id:kobarutoyouhen:20190714213946j:plain

窖窯で陶芸作品を焼いています・・

写真を撮ったころはもう終わりに近いころです・・

今回は35時間ずっと赤松の薪を燃やし続けました・・

備前焼の窯は一週間も赤松を燃やし続けるので・う・・?の窯なんて楽ちんです

でもう・・?の窯は基本一人で焼いてます

女房が飯を持ってきた時に食事→仮眠2時間・・・

薪は低温(0℃~800℃)のときはパチパチと弾ける音がほとんどですが

それ以上の高温になると”ゴー・・・!”という音に変ります

バックファイヤーといって焚き口から炎のかたまりが出たり・・入ったり・・

攻め焚きってやつです・・・薪を投入して焚き口を塞いで・・15分くらいすると

薪の燃える音がしなくなります・・温度計をみると→温度が上がっていく

最近はデジタル温度計なので見ていて楽しいです・・・

し~ん・・と静かな時間が2~3分続きます・・今度は温度が下がり始めます

ここで・・再度・薪を投入・・これの繰り返しです

う・・?みたいな工作好きな人間にとっては魅力の35時間です

窯出しが楽しくもあり・・・悔しくもある・・・一週間後くらいかな・・・

窖窯でトルコ青の色を出している人は居るのかな

f:id:kobarutoyouhen:20190706133257j:plain

思のほか・・簡単に窯詰めを出来た・・

棚組も無いし・・幅60㎝のスペースに平置きするだけだったので楽ちんでした・・

写真の下の作品の白い作品が焼けると部分的にトルコ青の色が出てくれる・・

赤い色の作品は鉄が入った土で(万古焼の土)・・備前みたいな色に焼きあがる・・・

黄土色の急須は備前で売っている土です・・・

もしかしたら”おでき”みたいなブクが出るかもしれない・・

最初のうちは使っていて・・でもう・・?の窯では合性が悪く・・最近は使っていない

床に撒いてある白い粉はアルミナといってくっ付き防止の材料です

梅雨の時期ですが関係なくガンガン焚く予定です(来週の金・土)

角ばっているのか円いのか判らねえ~・・・

f:id:kobarutoyouhen:20190704194908j:plain

角が円い板粘土を貼り付けたようなイメージの花器です
内側に粘土で作った型を入れて外側に粘土を被せて成形しています
なので・・外側から叩き板で叩いて粘土を締めることが簡単に出来ます
何度かこの作り方で成形しているうちにこんな形にしたいなと思いました
以前は粘土で板を作り・・貼りあわせて作ったこともありますが・・・
全体に硬いイメージの作品に出来上がってしまうので・・・

この作り方なら適度に柔らかいイメージの面取り花器が作れるので・・・

・・釉薬のほうは安定していますが・・

・・釉薬の容量を増やした時に再度調整が必要なんです・・・
・・釉薬の濃度で色の出具合が変ってしまうので安心出来ません・・・

・・テスト段階の時の釉薬の容量はせいぜい1~3kgの容量なので小物しか施釉出来  ない

・・大きい作品を施釉したいときは少なくても

・・5~10kgの釉薬の容量が必要なんです・・・
作り方のヒントは唐津焼で叩き技法による壺作りを簡単にした作り方です・・

 

蓮の花みたいな色を作りたい(陶芸の話)

f:id:kobarutoyouhen:20190701192325j:plain

最近は釉薬のテストが上手くいかず・・・もんもんとした・・う・・?・・

でも元気で陶芸活動をしてますよ・・・・・・・・・

最近はインスタの#活け花ばかり覗いています・・・

こんな蓮の写真は初めて拝見しました・・・・・・・

これって・・う・・?の目指している色・・・・・・

こんな質感の色が陶器作品で出来たら・・・ね・・・

今日も窯焚きしてます・・気に入る作品が出来るように祈ってます・・・

子供が作ったオブジェ(備前の土練り)

f:id:kobarutoyouhen:20190629122552j:plain

この写真を見て・・驚いた・・すごい塊・・オブジェに見える・・

備前焼の作家さんのインスタなんだけど・・・

う・・?も昔はよく荒練りといって大量の粘土を練るときに

この作業を行っていたけど・こんな大きな塊にしたことは無かった・・

備前の最高級の土は黒い色をしてるけど・・さすが金重家・・・

 

”しのぎ”の色が陶器の優しさって感じかな

f:id:kobarutoyouhen:20190621193921j:plain

チタン白釉の二作目です・・

だ円で長いところが20㎝くらいあるので施釉がちょっと大変でした・・

釉薬の二重掛けは上の釉薬が本来の質感が出てくれます

唯一・下の釉薬が出てしまうところが・・・尖がったところです

それを応用したのが・・クロム赤釉とチタン白釉です

以前は違う釉薬の二重掛けで理解しました

しのぎの尖がったところがピンク色になることで

磁器の白とは違う陶器の優しさが表現できていると感じました

二作目も上手くいって嬉しいです・・・

萩の花は二回咲く

f:id:kobarutoyouhen:20190618062804j:plain

この作品に何か活けてよ・・・女房が活けてくれた・・・嬉しい・・

でも水を吸い上げないのか・・・今日はカサカサです・・・

今朝はあまり聞かないビルエバンスを聴きながらコーヒーを飲んでます

水彩画やぬり絵は何回見てもいいね・・優しい感じが好き・・

萩の花も控えめな雰囲気が好き・・・